• 火曜日 , 20 4月 2021

東洋医学とは?

スポンサードリンク

20435942_s

こんにちは!東洋医学ワールド編集部、編集長「K」です。台風の影響いかがでしょうか?私の住む地域ではそれほど大きな影響はなかったように感じます。台風が過ぎ去ると一気に気温が下がるらしいので、皆さん風邪など引かないよう、お体ご自愛ください。

今回はこのサイトの一番根本となる「東洋医学」自体のお話となります。その起源、ルーツは何なのでしょう?

スポンサードリンク

日本で定義される「東洋医学」とは何なのか?

東洋医学と言われると、「漢方」や「鍼灸」、「あん摩マッサージ」などがパッと思い浮かぶ方も多いでしょう。読んで字のごとく「東洋の医学=Oriental Medicine」と訳しますが、広い意味では、インドや中東に伝わる伝統的な医学(アーユルヴェーダや医学タントラ、ユナニー医学等)も含めて東洋医学と言えるでしょう。日本で一般的に言われる東洋医学は、中国の伝統的な医学を起源とする「中医学」であり、その学びを得た日本や韓国が継承し、さらに独自のテイストでオリジナル化していったものであります。ひとつ豆知識で覚えておいて頂きたいことがあります。「漢方」という言葉は中国から来た医学と考えている方がいますが、そうではなく、「中医学を基として日本で発展した医学」のことを言います。よって「漢方」という言葉自体は日本語であると認識して良いでしょう。

東洋医学の特徴、西洋医学との違い

東洋医学は数ある「理論」の中に成り立っていると言えます。「陰陽論」、「五行論」、「天人合一説」、「臓腑学説」等の理論です。それぞれは今後の記事にて詳しく説明するとして、このようなものがあるんだと知っておいてください。しっかりとした理論に基づいて適切な治療が施されているんだということを強調して言いたいです。西洋医学は検査結果の数値や画像の異常などでわかりやすいですが、東洋医学は非常に専門的でマニアックな部分もありますのでわかりにくいこともあるかもしれません。

特徴として東洋医学と西洋医学の違いを簡単にまとめます。

東洋医学→病気そのものだけを診るのではなく、全身をひとつの個体として考え治療する。

西洋医学→人体を細かく分けて観察し、病巣そのものを中心に治療する。

という違いがあります。端的に述べるとこういうことです。既製品とオーダーメイドの例えを用いることもできます。

西洋医学は検査や数値に異常があれば、治療をしますが、大体が「薬」、「手術」などの既製品の様な決まったやり方が一般的です。

一方東洋医学は、検査では出ないような不定愁訴(肩こりや目まいなど自覚症状はあるけども検査では異常無し)の様なものでも、自然治癒力を高めて改善することが可能です。その人、その人に合った治療法があり、まさにそれはオーダーメイドのオリジナル治療と言えるでしょう。

どちらにもメリット、デメリットはありますので、うまく使い分けることができれば最高だと思います。

※最上部の画像とアイキャッチ画像は版権:http://jp.123rf.com/profile_leungchopanより


スポンサードリンク

Related Posts

2 Comments

  1. 漢方薬とは | 東洋医学ワールド
    2015年3月12日 at 12:59 AM - Reply

    […] 東洋医学とは 版権: / 123RF 写真素材 […]

  2. 「肝臓」と「肝」は違います! | 東洋医学ワールド
    2015年3月17日 at 5:12 PM - Reply

    […] 10月 22nd, 2014 […]