• 火曜日 , 20 4月 2021

鍼灸とは

スポンサードリンク

27115244_s
こんにちは!東洋医学ワールド「K」です!季節は秋。夜は肌寒くなってきましたので、体調にお気を付けください。本日は鍼灸のことについて少し触れていきたいと思います。鍼灸なんて聞くと「おじいちゃん、おばあちゃんがやるもの」、「古臭い」、「痛くて我慢しなきゃいけない」なんてイメージする人も多いと思いますが、実際鍼灸を受けてみるとイメージが変わっていく人もたくさんいます。

鍼灸の定義

まず鍼灸の定義ということですが、そもそも読んで字のごとく「」と「」に分かれます。

鍼術の定義」・・・一定の方式に従い、鍼をもって身体表面の一定部位に、接触または穿刺刺入し、生体に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。

灸術の定義」・・・一定の方式に従い、艾を燃焼させ、またはこれに代わる物質を用いて、身体表面の一定部位に温熱的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。

※(発行所)株式会社医道の日本社 (著者)教科書執筆小委員会 はりきゅう理論 P1より

鍼灸は体に「刺激」を与え、体調を整える

定義を並べられても、難しくてよくわからない人もいらっしゃるでしょう。ポイントは体に「刺激」を加えるということです。それが「鍼」なのか、「灸」なのかということです。「鍼」と言っても細長い鍼を皮膚から体内に刺入するタイプだけではなく、実はたくさん種類があります。先端が丸い「提鍼」というものや、皮膚に摩擦の刺激を加える「ローラー鍼」など。灸に関しても、通常の皮膚に艾を直接乗せるものから、間接的に輻射熱で熱刺激を加える「棒灸」ですとか、様々な種類が分かれます。その患者さんに合ったやり方、施術者の専門分野などにより用途は違えど、「鍼灸」の術の一つには変わりません。

鍼灸は興味があるけど受けたことがない、原因はわからないが最近体調が良くないという方、一度鍼灸を受けてみてはいかがですか?
※最上部の画像とアイキャッチ画像は版権 :http://jp.123rf.com/profile_amaviaelより


スポンサードリンク

Related Posts

2 Comments

  1. 鍼灸師が漢方薬を扱えない理由 | 東洋医学ワールド
    2015年3月14日 at 2:11 PM - Reply

    […] 10月 13th, 2014 […]

  2. 鍼灸師ってどうすればなれるの? | 東洋医学ワールド
    2015年3月24日 at 3:23 PM - Reply

    […] 3月 9th, 2015 […]